揚げ物

ハクダイ食品自慢の揚げ物をご紹介します

くじらカツ

鯨の肉に醤油・生姜・にんにく・フルーツ等を混ぜ合わせたタレに2日間かけ漬け込む事で鯨臭さが感じられず、また、肉が柔らかく非常に食べやすい商品です。
衣には生パンコを使用しサクッとした触感を出しました。懐かしの鯨カツ定食が思い起こせるかと。


くじらの竜田揚げ

くじらカツ同様、鯨の肉に醤油・生姜・にんにく・フルーツ等を混ぜ合わせたタレに2日間かけ漬け込む事で鯨臭さが感じられず、また、肉が柔らかく非常に食べやすい商品です。
昔懐かしの給食の味!


鯨コロッケ

南房総では江戸時代から続く捕鯨の地です。今も夏から秋にかけて捕鯨が行われます。
この地では、くじらのたれ・くじらの竜田揚げ・くじらカツ等豊富な鯨の食文化がございます、中でも、鯨の肉をコロッケに入れたくじらコロッケは手軽に食べられる事から老若男女に人気があります。
ほくほくとしたジャガイモに癖の少ない鯨肉のコラボがうけています。


イカメンチ

イカがびっしりと詰まったメンチです。
イカに玉ねぎのみじん切りを入れることで甘味が出てイカの食感と玉ねぎの甘さがくせになります。
イカ漁はここ数年不漁が続いていて一時製造が中止されていたイカメンチですが、今回大量に原料が確保する事が出来、復活が出来ました。


アジフライ

この商品は、南房総市道の駅ちくら潮風王国で「てっぱつアジフライ」という名称でテレビ・雑誌等に取り扱われている人気商品です。
名称の「てっぱつ」は房総方面の方言で「大きい」という意味で、見ての通り大きなアジを使用したアジフライです。
アジは房総半島の太平洋沿岸で獲られた鮮度抜群の物を使用しています。
身も厚く、揚がるとフカフカの食感が最高です。
商品が大きいため家庭用のてんぷら鍋では入らずフライパンを使用する方もいらっしゃるようです。


揚げ方のご参考まで

すべての商品は冷凍のまま、175度前後の油であげますが、くじらの竜田揚げは一度解凍し再度片栗粉をまぶしてから揚げるときれいに揚がります。

また、すべての商品は火をつけ油の温度が温まる前に商品を入れ175度前後まで上げ、揚がるのを待つという方法もお勧めです。